1. 開催日時
  2. 2017年11月15日(水)9:50~17:15(受付開始時間 9:20より)

  3. 会  場
  4. 丸文㈱本社 5F大会議室(中央区日本橋大伝馬町8-1)
    (地下鉄日比谷線「小伝馬町駅」下車 徒歩2分)

  5. 主  催:一般社団法人 日本半導体商社協会(DAFS)セミナー委員会
  6. 講座名・講師・略歴
  7. 講座名:『商社員が知っておきたい「製品安全、含有物質規制、品質・信頼性(車載品質を含む)」』
    講 師:K&M Education Office 林 克也 氏
    略 歴: 電子機器メーカーにて輸入業務、品質保証業務、マーケティング業務に従事後、2017年度からは、営業、設計・開発、生産の全部門に横断的な問題解決と全社最適化を推進。元航空機部品の専門輸入商社マンの経験を活かし、文系出身者にもわかりやすい「半導体・電子部品の基礎講座」を提供している。日本計測器工業会・製品安全・EMC委員会委員、電気学会・計測安全標準化委員会(IEC/TC66国内委員会)委員、国際電気標準会議(IEC)TC66エキスパート(専門技術委員)を歴任。

  8. 講座の内容<予定>:注意事項説明・セミナー委員会委員長開会挨拶 9:50~10:00
  9. 第1部 10時00分~11時45分 「製品安全認証と含有物質規制」

    ★ はじめに
    ★ 製品安全認証(日本:PSE、EU:CEマーキング、米国:NRTL認証、FCC認証、
      中国:CCC認証、韓国:KCマーク、台湾:BSMI認証)

    <休憩 10分間>

    ★ 含有物質規制(EUのRoHS指令、REACH規則、アジア主要国のRoHS類似規制、
      サプライチェーンでの情報伝達、含有物質管理の基本)

    <昼食休憩:11:45 – 12:45>

    第2部 12時45分~16時00分 「品質と信頼性」(車載品質を含む)

    ★ 標準化とマネジメントシステム
    ★ 使用環境条件と取扱上の注意
    ★ 品質と信頼性(車載品質を含む)
     ・ 設計品質と製造品質
     ・ 変更管理(4Mと3H、 PCN、EOL)
     ・ 信頼性とは(故障率、信頼性と信頼度、MTBF,MTTR、MTTF)
     ・ 車載向け信頼性
     ・ リスク評価手法(なぜなぜ分析、FMEA、FTA、ETA等)
    ★ 質疑応答 15:50~16:00
    ★ DAFS環境データ作成サービスご紹介・閉会挨拶 16:00~16:15
    理解度テスト 16:20~17:10

  10. 受講対象者
  11. 営業・マーケティング・FAEの他、エレクトロニクス部品ビジネスに関わる全ての方々。

  12. 理解度テスト・修了証
  13. 講義終了後に理解度テストを行い、合格者(70点以上)にはDAFSより修了証を交付いたします。

  14. 参加費
  15. DAFS会員: 12,000円/1人(当日支払い、領収書発行)
    非会員:   17,000円/1人( 同上 )

  16. 受講申し込み
  17. 会員企業の方は各社のDAFS申し込み窓口経由でお申し込みください。非会員の方はDAFSホームページの「お問い合わせ」ページからお申し込みください。

申し込み締め切りは10月25日(水)と致しますが、定員60人に達しましたら締め切りますので、お早めに申し込み下さい。

当セミナーの資料はこちらからダウンロード出来ます (PDF)


以上